スチールハウス
           スチールツーバイフォー
               スチールフレーミング
                    ハイブリットツーバイフォー
                         スーパーフレーム
                    etc.

 これらはすべて、「薄板軽量形鋼造」という軽量鉄骨造に対して国内で使用されている名称です

 米国生まれのCFS(cold-formed suteel)工法を日本国内で展開する
企業・団体が、それぞれ自由に命名したもので、この工法の特徴をわかりやすく伝えようとした結果、様々な名称が乱立したものです

一方、同じく米国生まれのフレーミング工法(木造枠組み壁工法)は、
日本ではツーバイフォーの名称で普及し、混乱することなく今日に至っています

そこでCFS工法に携わる企業有志と学術団体(早稲田大学・東京大学・東京工業大学・東京理科大学・法政大学・ものつくり大学・大阪市立大学・椙山女子学園大学)によって、(社)日本CFS建築協会が設立され、さらなる普及に向けて活動を開始しています。
  (社)日本CFS建築協会
JApan Cold-formed Steel Association(JACSA)
  

 階数   : 4階建まで 
 防耐火   :  防火構造から1時間耐火構造まで
 熱方式   :  外断熱
 建物重量   :  木造並み
 工期   :  4~5か月程度
 減価償却期間   :  19年
 劣化対策等級   :  ③取得可能
 
 
   鉄筋コンクリート>重量鉄骨造>軽量鉄骨造>CFS工法 木造

 *建物重量が木造並みに軽いため、地盤改良を含めると、
   さらにコストメリットがあります
 *外断熱のため竣工後のランニングコストを大幅に削減できます





   
 戸建住宅     共同住宅   店舗併用住宅 店舗併用共同住宅 
       
 寮・社宅   医療・福祉施設   高齢者施設  店舗・事務所
       

   
   お客様のご要望に応じて、CFS工法の建築設計から
 建築工事一式まで
 、最先端の技術力とリーズナブルな料金で お応えします。

 1)プランチェック業務
   
    RC
造やS造その他工法によるプランをCFS工法に
   置き換える場合、CFS工法での建設可否判断、 尺モジュー ルへの修正、構造チェックを行います 

 2)設計監理業務 
   意匠・構造・設備設計及び確認申請業務+監理業務  

 3)構造設計業務
    CFS工法の構造設計

 4)躯体パネル設計業務 
    CFS工法の躯体パネル設計及び資材積算

 5)躯体工事
   基礎工事・躯体パネル製作・躯体建て方

 6)建築工事一式   
   弊社受注額が法定額を超える場合は、パートナー企業をご紹介します。

 *上記5)6)については、対応可能エリアが限られますのでお問い合わせください  
 
 
 


                  )        
 (社)日本CFS建築協会 JApan Cold-formed Steel Association(JACSA)

         
より強く、より軽く、より簡単に
 
HOME    業務案内   実施例   ご相談   協力事務所・工務店募集  お問い合わせ・資料請求   アクセス   会社概要        
 〒140-0001  東京都品川区北品川1-13-10  ℡03-5479-5478  E-mail:info@workstaff-c.co.jp
2018.07.31    (社)日本CFS建築協会 設立
2018.01.01   謹賀新年
あけましておめでとうございます。
昨年は新規事業や新たな環境づくりの準備の年でしたが
今年は新たな展開に向けて動き始める年にしたいと思っています。
本年もよろしくお願いします。
  お問い合わせ
03-5479-5478
E-mail:info@workstaff-c.co.jp
  一級建築士事務所
冷間成形薄板形鋼でつくるサスティナブル建築